« B.B. King / Blues is King (1967) | トップページ | I’m With Her / Blue Note Tokyo 2015 10.28 »

2015年10月11日 (日)

Joe Jackson / Fast Forward (2015)

ジョー・ジャクソンのニューアルバムがとっても素晴らしいです。

ニューヨーク、アムステルダム、ベルリン、ニューオーリンズで、それぞれ異なるミュージシャンたちとレコーディングした4曲ずつ計16曲を収録。

アナログは2枚組で片面ごとに、THE NEW YORK EP、THE AMSTERDAM EP、THE BERLIN EP、THE NEW ORLEANS EPと表記されています。

Fast_forward
(アナログには、ダウンロード・クーポンは残念ながらなし)

近年映画音楽に重点を置いていたジョー・ジャクソンですが、本作は私たちの世代が「Night And Day」や「Body And Soul」でやられたポップでハイセンスなロックが復活。

レコーディングされた都市でのサウンドの特徴はあるものの、ジョー・ジャクソン節は貫かれていて、今がキャリアのピークじゃないかと思わせる素晴らしい曲に、衰えないボーカルが素晴らしいです。

95年にオーチャード・ホールでみたライブでも、クラッシックからパンクまで、なんでも自流に消化する能力が凄かったですが、本作でもどんなジャンルでも、どんなミュージシャンと組んでも素晴らしい作品を作れることを証明していて、本当尊敬します。

「Fast Forward」は、「Night And Day」や「Body And Soul」に並ぶ新たなマスターピースだと思います。

これだけの内容なのに、今のところ国内盤の発売はなし。
ドイツのEdel Music Group傘下のEar Musicというレーベルからの発売で、日本の流通も悪いようです。

80年代の洋楽に浸った方なら間違いなく感銘をうけると思うので、是非国内盤を出して欲しいですね。

個別の曲では、ニューヨーク・セッションでのまさかのテレビジョンのカバー「See No Evil」にびっくり。
ドラムにブライアン・ブレイド、ギターにビル・フリゼールという面子もあってとても興味深かったです。

ジョー・ジャクソンは、現在北米ツアー中。
日本にも来てくれないですかね。

ベルリン・セッションから「A Little Smile」

|

« B.B. King / Blues is King (1967) | トップページ | I’m With Her / Blue Note Tokyo 2015 10.28 »

シンガーソングライター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Joe Jackson / Fast Forward (2015):

« B.B. King / Blues is King (1967) | トップページ | I’m With Her / Blue Note Tokyo 2015 10.28 »